枕花

「昔、死者に花を手向ける風習があったらしいのです。」

物知りな友人がそう教えてくれた事を思い出しながら、花を手向ける友人達の姿を見ていた。目の前には、花畑が広がっている。花畑には、皆の思いや記憶が詰まっている。

花畑が思いに満たされた時、誰かが口を開いた。

「花に託した思いを贈ろう、旅立つ友人がその旅路で迷わないように。」

炎が花を煙に変えていく。思い、そして記憶が、煙に乗って旅を始める。天高く登っていく煙は、素朴に輝いていた。いつか、この輝きが地上に降りてくる時は来るのだろうか。

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送