仮面舞踏会

彼女は頂点が全てにおいて優れている、という事が嘘である事を知っていた。自分の価値を理解していたのだ。

不合理な行動や、従順な姿勢。それら全ては、この時のための仮面だった。全てを失ってからその事に気付くとは、私はなんて愚かなのだろうか。

美人局、クラウドファンド、偽友人。幼少期に好んで叫んでいた言葉が、今になって頭を巡りだす。これらの言葉を、一つでも覚えていれば、このような事態に発展しなかったのかもしれない。

雨が屋根を叩く音は、彼女だ。明るんでいく空は、忘れてしまえと笑う。空も私を弄んでいるに違いない。あの日平穏を与えてくれた星空も、一つの仮面だった。

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送